NPO法人の就職、平均給与はいくら?

NPO法人に勤めたいと思った場合に、その内容や活動場所、自分のやりたいことと合っているかという問題の他に、給与は実際のところどれぐらいもらえるのかということがあります。
やりがいがいくらあっても、自分の生活がままならなくなっては活動に支障が出てしまいます。

実際のところ、NPO法人の平均給与はいくらぐらいなのでしょうか
この記事ではNPOの平均給与についてご紹介していきます。

NPO法人とは

NPOとはNonprofit Organizationの略称です。
NPO法人は非営利で社会貢献を行う団体のことを指します。
そのうち、特定非営利活動促進法に基づいて法人格を取得したNPO団体がNPO法人と呼ばれます。

株式会社のように出た利益を株主に分配するのではなく、収益の使い方に制限があり、出た利益を活動費にあてる団体なのです。
NPO法人も存続の経費を、寄付金や助成金だけでまかなうことはできません。
そのため、NPO法人は収益の出る仕事を請け負うし、給与も労働者に支払われます
しかし、一般の株式会社と大きく違う点は、NPO法人の利益は基本的にNPO法人を存続させ、団体自体を大きくすることに使われるという点です。

NPO法人への就職希望者が増えている

自分の将来を考えた際に、やりがいのある仕事をしたいと思う人もたくさんいるでしょう。
そのため、大きな会社ではなく、NPO法人のような小さな団体で、社会貢献を行い、自分の仕事によって世の中を良くしたり、困っている人を助けたいと思う人が増えています
実際に、NPO法人では街づくりや高齢者、子どもの福祉、男女共同参画社会への取り組みや貧困に苦しむ人々を救うなど、その活動は国内外に多岐に渡ります。

活動場所も日本国内だけでなく、海外にもあり、困っている人と直接関わり、社会貢献できるのが最大の魅力です。

でも短期インターンシップではなく、就職するとなると、自分自身が生活していかなければならないので給与も大切になってきます。
一般的にNPO法人は株式会社よりは給与が低いと言われていますが、どれぐらいなのでしょうか。

NPO法人の平均給与は低い

「NPO法人の活動と働き方に関する調査」によると、NPO法人の平均給与は約260万円です。
一般企業の平均給与が約336万円のため、年間で約70万円の差があります。

しかし、NPO法人では給与の改善が行われています。
給与が低いNPO法人だと10年前は平均173万円だったのに対し、219万円になり、給与が高いNPO法人だと10年前は301万円だったのに対し、現在では372万円になっており、給与が大きく改善されています。

株式会社は10年前が平均339万円だったのに対し、現在では336万円ほどです。
現在はNPO法人は一般企業よりも給与は低いですが、給与が改善されつつあるため、その差は今後縮小されていくと予想されています。

NPOの給与について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

NPO法人の活動と働き方に関する調査
https://www.jil.go.jp/institute/research/2015/139.html

NPO法人の実際の給与は団体によってさまざま

では実際のNPO法人の給与と活動の例をご紹介します。

一つ目は、特定非営利活動法人 よりあい倶楽部です。

地域福祉を目的としたNPO法人で、子どもから高齢者の方が幸せに暮らせる地域づくりを目指している団体です。
その目的を達成するために介護事業を主としており、介護者の自宅を回って介護を行うケアマネージャー職があります。

給与は月に227000円~265000円、賞与も年2回、2か月分支給されます。
また、扶養家族の手当もあり、配偶者で7000円、子どもで5000円、親で3000円支給されます。

一般的なNPO法人よりも高額の給与を貰うことができます。

NPO(特定非営利活動)法人よりあい倶楽部
http://npo-yoriai.org/gaiyo.html

次にご紹介するのが、健康で平和な世界を全ての人と分かち合う活動を行っている、特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会です。

こちらの団体の、カンボジア事務所での会計業務や、カンボジア事務所代表の補助業務を行う人材の場合、生活費として5万円支給され、渡航費や海外保険代は団体が負担してくれます。
その他日当や、宿泊費は別途支給されます。

特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会
https://share.or.jp/share/index.html 

NPO法人の中でも給与に差があり、国内で行う業務については一定の水準が保たれています。
しかし、日本最大のネットワークNGOであるJANICのホームページを見てみると、海外で行う業務はその団体の規定に準ずるとの記載をしている団体が多く見られます。

ほとんどの団体はその赴任先での物価によるので、日本で一般企業に勤めるよりは安価な場合がほとんどです。

JANIC
https://www.janic.org/

NPO法人への就職で得られるものは給与だけでない

NPO法人は一般企業よりも給与は低く、退職金や福利厚生という意味でも期待はできません。
しかしそれらの待遇よりも、一般企業では体験することのできない大きなやりがいがあります。
日々の業務が困っている人を助け、社会をよりよくすることに貢献することができます。

NPO法人の場合は昇給や昇進、将来的に起業したいと思う方やキャリアアップしたいというのは一般企業より難しくなります。
また転職の場合もNPO法人=無償ボランティアと考える人も多く、うまくいかないこともあります。

自分の人生設計についてしっかりと考え、NPO法人への就職を検討することが大切です。

まとめ

給与は一般的な額を望むことはできません。
しかし、それ以上に大きなやりがいを感じることができるのがNPO法人の大きな魅力です。

自分の人生をかけて何か社会を変えたいと思う人、困っている人を助けたいと思う人はぜひ就業したいと思うNPO法人のHPをチェックし、説明会等に赴いてみましょう。

NPO法人に就職してみたいと思った時にぜひ参考にしてくださいね。