海外でボランティアをしたい!探し方のポイント

海外ボランティアに参加したことはありますか?
3.11の東日本大震災以降、国内でのボランティアに参加する人は増えていますが、海外ボランティアとなると、ハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。
海外ボランティアをやりたいと思ったときの、どんな種類があるの? ボランティア先を誰に聞いて、どうやって探せばいいの? など、海外ボランティアを検討する際に知っておきたいことや、疑問について参考情報をお伝えします

海外ボランティアとは

海外ボランティアとは、海外の施設や団体で社会活動に参加することです。
基本的には無償で活動し、自分のスキルや技術を活かすボランティア活動をしますが、交通費などが支給される場合もあります。

海外ボランティアをする際には、まず、自分がボランティアをする目的、ボランティアできる期間、予算、行きたい場所などを整理してから探し始めましょう。

目的や目標を持つ

なぜ海外ボランティアに参加したいのか、目的を明確にすることが大切です。
「なぜボランティアをしたいか」「ボランティアでどんなことを達成したいか」などの目的が決まると、自ずと参加したい活動内容が明確になってきます。
そうすれば、ボランティアの目標や条件も自然に決まってくるはずです。

海外ボランティアを探すときの注意点

海外ボランティアを探すときには、どんなところに注意したらよいでしょうか。

・自分の希望に合った内容かどうか

・費用はいくらかかるか

・現地に日本人スタッフはいるか

・安全面の保障はされているか

などの注意点がありますが、何と言っても重要なのは、提供事業者が信頼できる団体かどうかです。

海外ボランティアの選び方チェックリスト

海外ボランティアを選ぶ際に押さえるべきポイントを、日本最大級の海外ボランティア派遣NGOボランティアプラットフォーム(通称ぼらぷら)では、以下のチェックリストにまとめています。

まずは、自分でチェックを入れてみましょう。

海外ボランティアの選び方チェックリスト
1  自分が行いたい活動は何か?

2  参加したい時期はいつか?

3  何日間参加したいか?

4  自分の予算はいくらか?

5  航空券はついているか?(無理な乗り継ぎや時刻の格安航空券ではないか)

6  料金はいくらか?(現地払いで加算するタイプか?)

7  行きたい国はどこか?

8  初心者向けか? 中上級者向けか?

9  語学力は必要か?

10 資格やスキルが必要とされるか?

11 自分の目的に合ったプログラムが用意されているか?

12 事業者は「旅行業」登録しているか?

13 事業者は事業者用の「旅行保険」に加入しているか?

14 事業者は社歴が10年以上あるか?

15 事業者は派遣者数の実績が多いか?

16 事業者は参加者の満足度が高いか?

17 事業者はたくさんの体験談を掲載しているか?

https://volunteer-platform.org/internship/

提供事業者の選び方

初めて海外ボランティアをする場合などは、料金や日程ももちろんですが、何より大事なのが安全性です。その意味で提供事業者の選び方もとても重要になります。

では、どのようなことに気をつけて選んだら良いでしょうか?

提供歴の確認

まずは提供歴を確認しましょう。
法人としては設立して10年以上がベターです。
社歴は長くても、海外ボランティアの提供歴が浅い場合もあるので要注意です。

旅行業登録の有無を確認

旅行業登録を行っている団体や会社は、安全に顧客にサービスを提供するための厳しい審査基準を満たしていて、原則登録事業者のみが入れる手厚い保険に加入しているので安心できます。

実績の確認

海外ボランティアの参加者数や、参加者の体験談の掲載数・満足度・信憑性を確認しましょう。信頼できる団体は、体験談の掲載数が多く、満足度も高いと言われています。

団体の規模の確認

活動規模が少人数では非常時の対応ができません。ある程度の規模があるところを選ぶほうが安心です。

方針の確認

NGOはもともと現地で直接支援活動を行っているので現地への貢献を重視しているところが多いと言われています。また、旅行代理店やネットワーク系派遣NPOでは派遣のみを行っているケースが多いので、自分の目的や考えと合った団体を選ぶことも重要です。

補償の確認

安心・安全のために、事業者が加入している補償体制は十分か確認しましょう。

海外ボランティアの情報はインターネットで

海外ボランティアはインターネットで探すのが一般的と言われています。
代表的な団体はホームページで活動状況が閲覧でき、Q&Aなどで、さまざまな質問にも答えています。
随時説明会を開催している団体もあり、事前に参加して、他の参加者と情報交換することもできるので、ぜひ参加をおすすめします。

海外ボランティアを募集している代表的な団体

NICE
1990年設立の、国内・海外約90か国でボランティア活動を行っているNGOです。
http://www.nice1.gr.jp

activo
国内最大級のボランティア、NPO法人スタッフの求人サイトです。
活動場所、活動内容、年齢などから検索することができます。
https://activo.jp

CIEE
TOEFLテストの日本事務局であるCIEEでは、国際ボランティアの派遣事業も行っています。https://www.cieej.or.jp/index.html

まとめ

海外ボランティアには、海外の現場でしか体験できないメリットがたくさんあります。

例えば、

・視野を広げられ、多様な価値観を発見できる

・自分の殻を破れる、成長できる、自信がつく

・困っている人のために全力で役に立つことができる

・現地の生活・文化を実体験できる

・共に汗をかいた最高の仲間ができる

など。

ボランティアというと、日本では「積極的にその問題に関心のある人が参加するもの」というイメージですが、海外では「自分の余った時間でお手伝いをするもの」や「自分の特技や経験を活かすもの」「日本文化を教えるもの」などさまざまです。
まず、海外ボランティアをする目的をしっかりと確認しておくことが大切です。そのためにも、事前に調べられることは準備をし、疑問があれば電話やメールで確認する十全な備えが重要です。