NPO法人に就職するには

就職活動をする際に、自分がどのような会社に勤めたいかと考えた結果、NPO法人を選択する若者が増えています。
一般的な企業とは仕事内容も仕組みも違うNPO法人。
身の回りに務めている人がおらず、情報が集められずに困っている就活生もいるのではないでしょうか。

この記事ではどうすればNPO法人に勤められるのか、そもそもNPO法人とはどのような機関なのかご紹介していきます。

NPO法人への就職希望者が増えている

営利を目的とした一般企業ではなく、自分のやりたいことを仕事にしたいと、NPOを就職活動の際に選ぶ若者は年々増加しています
社会的使命によって仕事を行うので、団体の目的と自分のやりたいことが合えば、自分がこうしたいと思う信念で仕事を行うことができるのが大きな魅力です。
NPO法人の種類としても、医療や福祉、街づくりなどの身近なもの、子どもの育成や男女共同参画社会に関するもの、また人権や国際社会に向けたグローバルなものまでその内容は多岐に渡ります。
営利のためでなく、自分の活動や世のため、人のためになるのがNPO法人での仕事の大きな魅力の一つです。

ではそもそもNPO法人と企業にはどのような違いがあるのでしょうか?

NPO法人とは

NPO=無償のボランティアであるという勘違いをしている人もいるのではないでしょうか。
NPOとは「Nonprofit Organization(非営利組織)」の略で、非営利目的で社会貢献をする団体のことを言います。

ただし非営利=無償ということではありません。
ここでいう非営利とは株式会社のように株主に株式公開を行わないという意味です。
そのため、職員は普通に給料を受け取ることができますし、事業拡大のために報酬を受け取る仕事をNPO法人も普通に行います。

NPO法人に就職できるの?

事業型のNPO法人は収入を得て、従業員や役員に報酬が支払われます。
そのため、NPO法人に就職することは可能です。

NPOというとボランティア=無償報酬というように感じる方もいるかもしれません。
しかし、実際の「Volunteer」には志願者や進んで申し出るという意味があります。

無償の奉仕活動ではなく、非営利目的で社会貢献を行うのがNPO法人ということです。
NPO法人が報酬をどのようにして得るかは様々ですが、国が地方公共団体に委託した報酬や、助成金、寄付金などが収入源となり、それらの一部が従業員に報酬として支払われます

NPO法人に就職するにはどうすればいい?

まずNPO法人に就職をしたいと思ったら、どのようなNPO法人があるのか、NPO法人ポータルサイトで検索してみましょう。

NPO法人ポータルサイト

https://www.npo-homepage.go.jp/npoportal/

勤務地や、活動内容から詳しく検索することができます。

NPO法人の求人については、一般の就活ナビサイトに掲載されることも増えています
ただNPO法人によっては規模が小さく、掲載するための費用を捻出できない等の理由でこのようなサイトに載っていない場合もあります。
その際はそのNPO法人自体のHPやハローワーク、大学の求人等に出ていることもあるので、チェックしてみましょう。

その後の就職活動は普通の企業の就職活動とさほど変わりません
説明会を開催するNPO法人も多いので、積極的に参加しましょう。
詳しい活動内容や、実際に活動している人に直接話を聞くことができるので、より具体的にイメージすることができます。

面接を行う際は自分がどのようなことをNPO法人に貢献できるのか具体的に話しましょう
学生時代での経験が重視されるので、NPO法人を志す場合は社会活動を行っていると大きなアピールポイントになります。

採用を受けるNPO法人を詳しく調べること、また他のNPO法人との違いを比べることも忘れないようにしてください。

NPO法人に就職する際の注意点

次にNPO法人に就職するメリットとデメリットをご紹介します。

まず一つ目のメリットは、大きなやりがいがあることです。
困難に直面している人を助けたり、社会問題を解決したりするために働くので、勤めるNPO法人の志に共感した上で就職すれば達成した際に大きなやりがいを得ることができます。

また二つ目は、仕事の裁量が経験が浅いうちでも大きいものを扱うことができることです。
少ない人数で大きな社会問題に立ち向かうので、一人ひとりの裁量が大きくなります。

もちろんプレッシャーや困難にぶつかることもありますが、それらに負けずに仕事に取り組めば、解決したときには大きなやりがいを得ることができます。

次にデメリットをご紹介していきます。

まず一つ目は給与水準が低いということがあげられます。
非営利目的という性質上、一定以上の収入を見込めないというのが現状です。
また、給与も安定しないので、ボーナスや、昇給による給与アップというのは期待できません。
お金よりも社会貢献を大事にしたいという志がなければ就職は難しいです。

二つ目にキャリアプランが描きにくいという点があげられます。
後に起業したい、昇進したい、スキルアップをしたいという希望がある場合は就業は難しいです。
また転職する際も、NPO=無償ボランティアというイメージをもつ企業の採用担当も多くいるため、転職がしにくいという点があります。

まとめ

非営利目的で社会貢献を行うNPO法人では、自分の仕事が社会のためになり、大きなやりがいを得ることができます。

就職活動をする際には、そのNPO法人の志や目的をしっかりと確認しましょう。HPだけでなく、説明会に行ったり、働いている人に直接話を聞くことで、就業してからのギャップを埋めることができ、満足のいく就活をすることができます

ぜひNPO法人に就職活動を希望する際の参考にしてみてくださいね。